読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月見猫

PENTAXカメラ愛用、旧レンズ集め、月の写真、野鳥や北海道の写真を写しています 連動ブログhttp://mooncats1966.blog.fc2.com/もどうぞ

ふるさと銀河線りくべつ鉄道

乗り物

今日は天気もよく夏の日差し、妻と朝から出掛けて陸別町の道の駅までドライブです
この道の駅は以前はJRの駅として利用されておりその後第三セクター化されて「北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線」となりましたが・・・2006年に全線廃止となってしまいました
自分の住む北見から池田までを繋ぐ鉄道で市内にも廃線後でもその名残が所々に見ることができ思い出深い鉄道です

この名残を伝える形で旧駅を道の駅として再利用している場所は多く足寄でも同じような道の駅があり以前訪れた時はその名残より地元出身の松山千春のメモリアル館みたいな様相に首を傾げてしまった感が・・・(笑)
では何故今回は陸別の駅にしたかというと廃線前に市内でも走る姿を見ていた懐かしい「銀河鉄道999」ペイントの車体が残っていると知ったからです

決して鉄道好きで色々と写している訳ではないんですが車体より子供の頃に好きだった銀河鉄道999のペイントが見たくなり車を走らせました
陸別には天文台もありそちらにも興味があったのですが昼間に行ってもね(笑)
駅前に着くと何とも可愛いホルスタインのベンチが妻の目を引きました、でも日差しが強くって座るには暑すぎたようです

駅内に入ると昔懐かしい「幸せの黄色いハンカチ」でロケが行われた様子など当時の写真が飾られていて若き日の高倉健桃井かおり・武田鉄矢の姿を思い出させてくれます
そして駅の窓から線路を見るとお目当ての懐かしいペイントが姿を見せてくれました

ここでは予約が必要ですが現役引退したCR70やCR75型気動車の運転も体験できるようですね
以前は身近な生活の光景としてこの列車が見られました、しかし今ではここか愛好家の方が引き取って展示しているか海外へと行ってしまいました
時代が流れこれらの車体も退いてしまいましたがこの陸別「道の駅」でその姿を再び見ることができ嬉しく感じました