月見猫

PENTAXカメラ愛用、旧レンズ集め、月の写真、野鳥や北海道の写真を写しています 連動ブログhttp://mooncats1966.blog.fc2.com/もどうぞ

11月21日の月

仕事を終えて外に出ると肌がピン!となる寒さ、車に乗り込み温度計を見ると屋外計は0℃を表示しています
ここ数日最低気温が氷点下になる季節ですがとうとう日暮れには氷点下になってしまうようになりました

夜空を見上げると19日より東寄りになった位置に半月(上弦)を過ぎた月が綺麗に光っています

面白いものでこれからの時期、冬から春にかけては雲が掛かった天気より晴れた星空の天気の方が冷え込みが厳しくなります
何度も書いている放射冷却という現象なんですが太陽を隠したり雨や雪を齎す雲が冬になると地表に残った熱を守ってくれて気温が下がるのを防いでくれる存在になるんですね
地球には大気があり地表の大きな熱変化を防いでくれ地球の周りを回る月はコマのように回る地球が大きくグラつくのを抑えてくれています
普段何気なく接していたり当たり前のように感じているものが実は今自分自身が生きて存在していることに凄く大切な存在なんだと再認識してしまいます
そう考えると「親」という存在も至ってそうゆうものかもしれませんね、中学生の子を持つ親になって初めてそういった視線を持つようになったのかもしれませんね(笑)