読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月見猫

PENTAXカメラ愛用、旧レンズ集め、月の写真、野鳥や北海道の写真を写しています 連動ブログhttp://mooncats1966.blog.fc2.com/もどうぞ

4月27日のエゾリス

先週は公園内に人も多く賑やかでしたのでゆっくりと写せなかったエゾリス

今日は妻と出かける前に朝早くから公園へとカメラ散歩に出かけてきました

GWの日曜日ですが朝早くですので人も疎ら、駐車場に車を置くとカメラの支度をして公園の森へと向かいました

朝の澄んだ空気が漂う森で鳥たちの囀りが賑やかです、ある程度歩くと目的の場所近くで屈み暫く動きを止めます

賑やかだと思えた鳥たちの囀りですが動きを止めて様子を伺うと人間の動きが消えたためか更に色んな音が聞こえ始めます

時折流れる風の音、それに揺れる枝や枯葉の擦る音、囀りの他に鳥たちの羽ばたきや啄む音、そしてエゾリスが樹皮に爪を立てて移動する音

f:id:mooncats:20140427201647j:plain

バリバリと爪を立てる音の方に静かな動きで向くと静かにカメラの電源を入れます

別に姿を何かに隠すわけではありませんが本来公園に存在しない音や動きを抑えることで警戒心はかなり薄くなります

人が憩うために作られた公園ですから人自体に警戒心は薄くなっている動物たち

しかし急な動きや音は人でも備わっている本能の警戒を生んでしまいますから極力抑えることが被写体の不自然さを薄くすることにもなりますね

f:id:mooncats:20140427201708j:plain

写す側にしてみれば「もう少し近くに」「もう少し左(右)に」など動き回る被写体に急いで動きたくなるものですがこちらが慌てれば相手も慌ててしまいます(笑)

木を背にしたり近くの切り株に腰を下ろしたり無理に近づこうとしたり探し回ってもエゾリスはなかなか近くでは写せません

地面に降りて素早く動いたと思えば止まって周りを伺うエゾリスの姿はとても愛らしくシャッターを押すのを止めては眺めてしまうほどですね

f:id:mooncats:20140427201920j:plain

しかしそのエゾリスが急に鋭く耳を立ててある方向を凝視しました、すると素早く走り出したと思ったら一気に高くまで昇り始め次々と木を渡り姿を消してしまいました

聞こえてきたのは何かを叩きながら声を上げ近づいていくる人の姿・・・

確かに公園内には多くの場所で餌が撒かれていて人馴れしている個体もいるのでしょうが物音を立てて呼ぶ人もいて首を傾げてしまいます

餌付けを兎や角言いませんが「こうやって呼べば来る」と自慢げに話している横でカメラを構えている人は必ずしもそのエゾリスを写していると限りません

お節介な気遣いや自慢話は迷惑なだけで野鳥を写している人も多いことを知ってもらいたいものです

先日も居たウォーキングの年配者二人でしたので若輩者が苦言を伝えるのも悪い気がしまして抑えましたがそうゆうことは周りに人がいない時にやってもらいたいと強く感じますね

市民が集う場所ですので我を出すことは避けたいという気持ちと共に我を押し通す姿はその方と同じ行為と思えてやめました

f:id:mooncats:20140427201803j:plain

今日は粘って自然の姿を眺めたかったのですがそれでも10分程度はエゾリスの動き回る姿を眺められて嬉しかったです

気分を悪くした場面もありましたがエゾリスはこうゆう環境にも順応して人との共存を続けているのですから自分もそれを由とする公園での共存を持とうと思いました

今日は枚数も写しましたので残りは久しぶりにFC2のブログへ貼ることにします