読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月見猫

PENTAXカメラ愛用、旧レンズ集め、月の写真、野鳥や北海道の写真を写しています 連動ブログhttp://mooncats1966.blog.fc2.com/もどうぞ

夏の虫たち

昆虫

今日も一日湿度の高い雨模様、日暮れになっても雲は晴れてくれずお月見は無理みたいです
今月は2日のお昼に満月を迎えました、そして8月は31日まである月ですので月の公転周期を考えると31日の夜中には1ヶ月に2回の満月が見られる月なんですねー、残念ながら1回目の満月は見逃してしまいましたから2回目の満月は見たいですね
そして今月は旧暦での七夕がある月、全国的に梅雨も明け月が新月を迎えて上弦になる頃が天の川も綺麗に見えて本当の七夕を味わえますよ
子供の頃に皆さんも読まれたでしょうか?「銀河鉄道の夜」を、少年が友人と銀河鉄道に乗って旅するのが天の川に沿った星座や星々でしたね
この旅の背景に描かれているお祭りがちょうど旧暦でいう七夕の時期だと思われます、今年の七夕は8月24日
まだ日数もありますので子供に戻って「夏休みの読書感想文」ではありませんが七夕に天の川を見上げる楽しみに「銀河鉄道の夜」で主人公が旅した道筋を覚えてみてはいかがでしょう?
ただ日本は北半球ですので終着駅までは残念ながら見ることは難しいですね(笑)
さて前置きが長くなってしまいましたが野鳥を写すのが楽しみのカメラ散歩、短い北海道の夏を活き活きとしているのは動物たちだけではなく虫たちも同じ
合間などに見つけた虫たちも色々写しているのですが・・・子供時代にトンボやチョウなど大まかな名前は判るのですが正確な名前は全く判りません
写すのは良いのですが名前の同定まではなかなか時間が取れず貯まってゆくばかりなので今日は一挙に貼ってみますねー
枚数が多いので各容量は控えめにしていますが重くなってしまいましたらスミマセン、どれも河川敷や草むらで普通に見かける虫ばかりですが子供の頃に夏の日差しに虫カゴと虫アミを持って「何時何分」ではなく「朝・昼・夕」という時間感覚で一日を過ごしたのを思い出します
毎年同じように四季は移り変わってゆきます、でも我々自身は歳を重ねてゆくので同じ四季は2度とないのかもしれません
しかし最近はそういった変化も生活環境からかあまり感じなくなってしまいましたね















でもそれって自然や四季が変化に乏しくなったり生活環境が変化しにくくなったのではなく感じる我々自身がそういった変化に鈍くなっているだけなのかもしれませんね?