読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月見猫

PENTAXカメラ愛用、旧レンズ集め、月の写真、野鳥や北海道の写真を写しています 連動ブログhttp://mooncats1966.blog.fc2.com/もどうぞ

11月26日のオリオン座

やっと夜勤が終わり今日はお休み、昨晩夜勤の休憩時間に外へ出ると冷え込んでいますが満天の星空が綺麗でした

時間はちょうど27日に日付が変わる前、三脚とカメラを持ち出して南東の空に光るオリオン座を写してみました
工場の明かりなどもあるのですが星雲などのモアっとした感じやオリオン座より左に目を写すと天の川も薄っすらと見える絶好の条件です
なのに・・・アストロトレーサーをセッティングして写し始めたら風が強くなってきてカメラに付けたストラップが揺れる揺れる
気になって120秒露光途中に揺れるストラップを少し持ち上げて揺れを止めたせいかカメラが縦にブレたようです・・・
ほんの少しだけなので1024×680まで縮小して目立たなくしていますが撮影途中にカメラ周りは触れないのが一番、それとストラップは面倒でも外した方がいいですねー精密キャリブレーションの際も邪魔になりませんし(笑)
先日と撮影した場所が違ったので写してから判ったのは・・・ワイヤーが走っていました、写した画像を確認するまで全然気付かなかったー

目で見上げても素晴らしく見える星々に気を良くして今度はSMCM 135mm F3.5でオリオン大星雲を写してみようとレンズを交換
一旦カメラの電源を切るのでレンズ交換後にMレンズですからmm値を選択し絞りをF5.6に合わせメニューからGPSを選んでアストロトレーサーを呼び出します
先ほど35mmレンズでは撮影可能時間が5分(300秒)でしたが135mmレンズに換えたことで撮影可能時間が2分(120秒)に短縮されています
MFレンズですのでピント合わせはほとんど∞位置まで回し切った場所で良いのですが望遠気味になるのでちゃんとオリオン大星雲を捉えているかを確認する為にミラーアップをしてライブビューで構図の確認です
他のMFレンズと同じ回し切った位置が∞で当たっていましたが構図が少し下過ぎたので気持ち持ち上げてからライブビューを終了
撮影しようと思いましたが構図合わせしてから手を離したカメラが若干上向きになったような気がしてもう少し下の方が良かったかも?と感覚でちょっとだけカメラを下げてからセルフ撮影開始です
でも・・・これが大失敗!最後にカメラを気持ち下げたのは良かったのですがその際にレンズを掴み下げてピントリングが僅かに動いてしまったようです
角度を修正したおかげで大星雲はギリギリですが捉えて良かったのに・・・ピンボケ写真になってしまいましたー
写した画像を見てボケに気付きピントリングを確認すると僅かに回し切った位置から戻っていました、急いでもう一枚∞位置で写したかったのですが休憩時間はこれで終了・・・後悔いっぱいの星空撮影となってしまいました!失敗失敗!
あともう一つ色々と写していて判ったことは屋外でGPSを捉えていても建物の影や間を撮影場所にするとカメラを向ける角度によってカメラに取り付けたO-GPS1が捉えるGPS衛星の数が減り追尾精度が低下します
コンクリートなどの壁沿いや建物の間に入ってしまうと最悪GPS捕捉0ということもありますので撮影する場所は出来るだけ開けた場所が良いと思います
ただそれほど神経質にならなくても肩口から空を見上げて見渡せるぐらいであれば建物の間でもシッカリ追尾していますしGPS表示が駄目と表示になったら場所を変える程度で良いですね
昨晩は結局楽しみにしていたオリオン座撮影は全部失敗、他の星空はちゃんと写せていただけに悔しいー
今回は自分に厳しく、今後の糧に「撮影は焦らない、撮影準備を終えたら下手に弄らない、ストラップは外す」を忘れないようブレ&ボケの写真を残すことにしました、次は失敗しないぞー!(笑)