読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月見猫

PENTAXカメラ愛用、旧レンズ集め、月の写真、野鳥や北海道の写真を写しています 連動ブログhttp://mooncats1966.blog.fc2.com/もどうぞ

KIRON 28-70mm F3.5-4.5 MACRO MC

最近、毎月のお小遣いから安いジャンクレンズを見つけては買う「レンズ沼遊び」で楽しんでいますが今回見つけたのはちょっと傷みの目立つレンズ
今は社名を変えてフィルムやデジタルのカメラ用レンズからは撤退しているキノ精機さんが作っていたレンズ「KIRON」です

レンズ玉・鏡筒には目立った傷は無いのですが印字されているレンズ名や指標などが所々剥げてしまって「KIRON」という文字も「I」が消えかかっている状態
絞りなども動きは悪くありませんしA文字があるということはPENTAXのAレンズと同じカメラのボディ側で絞りをコントロール出来ますので使い易いレンズでしょうね
ただ今のズームレンズと同じズームリングが回すタイプなんですが・・・動かすとかなり固い感じ、そしてジャリジャリとした感覚が伝わってきます
ピントリングのゴムも汚れが目立ちますし何か泥みたいなものが掛かった感じでしょうか・・・
コーティングもMCと書いてありますので光源での影響は大きそうです、この28−70mmというのは28mmの広角側はいいけど先日もSMCA 35-70mm F3.5-4.5もその前のSMCF 35-70mm F3.5-4.5もあるのでマクロレンズが無いわけでもないので全く必要の無いレンズですね(笑)
ジャンクレンズで1050円、先日買ったSMCA 35-70mm F3.5-4.5で初めてレンズを分解して中のレンズまで綺麗にして使っているのでこのKIRONレンズは使うレンズというよりは「分解整備の練習用」として買ってみることにしましたー

帰りに市内にある「ハッカ記念館」という昔北見市がハッカ生産で賑わっていた技術や当時を残す建物を広角側(28mm)で写してみましたが絞り開放ということもありボンヤリ?ファインダーを覗いていても白っぽく靄が掛かって見えるのは・・・
いえいえ幾ら絞り開放でもここまでソフトフォーカスにはなりませんね、もしかしてレンズに曇りや汚れがあるのかな?
絞りを絞って写してみるとクッキリとは写るのですがやっぱり何処か白っぽく写るのは直りませんでした・・・逆光でもないのにフレアでしょうか?

帰宅してから分解してみるとまず驚いたのはズームレンズの汚れ、ジャリジャリしていたのは細かな砂のような汚れの混じったグリスと錆でした
全てクリーナーで汚れを落としてから分解を進めてゆきます、銘板を手の平でゆっくりと力をいれ回し外すと前玉の取り付けが顔を見せますが・・・鏡筒の内ネジ溝にガッチリ接着されてるのは溶剤で溶かしても取れそうに無いというか前の所有者が分解した跡も無かったので製造時の接着でしょうか?波状に溢れたような接着剤の跡は汚過ぎます(笑)
前レンズ群をライトで照らし覗いても曇りや汚れは見えませんね、クリーナーでレンズ部分を拭き上げて次は後ろ側に写ります
前より後ろ側の方が写りで大きな影響を及ぼしますがこちらも特に目立った曇りや汚れは見られません、分解ついでに鏡筒内の真っ黒になったグリスを拭き取り組み上げます
絞りの動きなども問題ありませんし組み上げてからもレンズのみで内部の曇りや反射等も確認しますが大丈夫そうです
ただ気になるのはK−rに取り付けてファインダーを覗くと明るいのではなく曇ったように白っぽく見えること、室内で写りを確認してみるとやはり白っぽい写りと色合いも青が強いというかカラーバランスが狂っている感じにも見え黒が青味を帯びて写ります
「もしや?」と思い62mmのフードやフィルターが無いのでキットレンズSMCDA55−300mm用に買ったフードをレンズ先に当てて写すと今まで白っぽかった写りが一変してちゃんと写るように!分解整備に夕方から今まで掛かってしまいましたが・・・
このレンズ、一番問題だったのはMCと書かれているコーティングが良くなく光りに対してフレアが多発するコーティングなんでしょうね(笑)
ペンタックスのSMC(スーパーマルチコーティング)に慣れてしまっている自分でなくともこの白っぽい見え方は違和感を感じますね、MCはマルチコーティングの略だと思うのですがレンズ内をライトで調べていると後ろ玉も多色の光源反射していましたからコーティング自体の問題とは思っていませんでした
フードを当てて写して見ると今まで変な色合いだった被写体もシッカリ写りますしレンズ自体は問題無さそうです
これはコーティングされたフィルターなどを取り付けたり62mmに付けられるフードを使用して撮影すれば改善できるのかもしれませんが・・・
ネットなどで調べてみるとKIRONブランドの単焦点は今でも人気のある良い写りをするみたいですがズームレンズ(この28−70mm)に関してはコーティングの弱さもありますが「写りの個性」も感じることの出来ないのが率直な感想
どうしても古いレンズは今のレンズに比べて勝る部分が少ない物ですが写りやコントラストなど今のデジタルで使っても遜色ない部分を素直に評価したい自分、でもこのレンズに対しては今の時代では「トイレンズ」という感想でした
でも当初の購入目的だった「分解整備」として充分練習できたのと経年や使用での汚れ落としも学べたのは良かったです!