読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月見猫

PENTAXカメラ愛用、旧レンズ集め、月の写真、野鳥や北海道の写真を写しています 連動ブログhttp://mooncats1966.blog.fc2.com/もどうぞ

11月10日のオリオン座

満ちた月が夜空を明るく照らしていたんですが久々にゆっくりと休憩時間を過ごせましたので外に出て三脚を取り出しアストロトレーサーをK−rに取り付けて星空も写してみました
アストロトレーサーを使って赤道儀無しで天体写真を写すには準備としてGPSを捕捉した後に「精密キャリブレーション」という儀式のような設定を行います(笑)
これは「難しい」という声もネットなどではありますが右手に持ってグルグルと手首で回すようにしながら時折前後左右に「ヨイショ」と傾ければ1分も掛からず終了します
もちろん自分もそう出来るまでは練習しましたが技術というより加減を知れば他の仕度をしながらでも出来るので「難しい」と感じる方は厳しいようですが「諦める前にもっと練習して下さい」です(笑)

さて月が真上に昇った時間ですから何処を向いても明るい、夜なのに明かり無しでレンズ交換すら見ながら出来ちゃうほど・・・
試しにオリオン座を18mmでISO200・絞り3.5・SS180秒で写したところしばらくしてカメラのモニターに表示された写りは真っ白でしたー(笑)
さすがに満月の夜に長時間露出は無理ですね、180秒から120秒に減らして写すとまだ明るい夜空ですがオリオン座や星々が写っているようです
夜勤を終えて帰宅してからパソコンでオリオン座の部分をトリミングし明るさを下げてみましたがアストロトレーサーのおかげで星は点で写ってくれているけど・・・やっぱり月夜に星空撮影は大変ですねー

試しに月を背に東側の空を写してみましたがこちらも写りは白くなり過ぎてしまい結局45秒まで短くしています
真ん中に写っているのは「ふたご座」のカストルとポルックスですね、そうなると倉庫の屋根上に光っているのが「冬の大三角形」のプロキオンで写真右上近くで光っているのが同じ大三角形のベテルギウスでしょうねー
こちらはトリミング無しの縮小のみです、次回は月が沈んでいる時期にまた写してみたいですね!寒いけど星空が綺麗な光景は見惚れるほどで休憩時間も短く感じてしまいました(笑)