読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月見猫

PENTAXカメラ愛用、旧レンズ集め、月の写真、野鳥や北海道の写真を写しています 連動ブログhttp://mooncats1966.blog.fc2.com/もどうぞ

ペンタックス GPS UNIT

デジカメ関連のサイトを見ているとペンタックスからGPS機能のパーツが発売されるとの告知がありました
http://www.pentax.jp/japan/products/o-gps1/index.html
気になるのはその機能でGPSで位置情報を取得したり記録するのは最近のデジカメでも見かける機能なので珍しくは無いのですが天体撮影にも使用できる機能があり興味が!
アストロトレーサーというペンタックスのK−5やK−rに備わっている手ブレ防止機能と連携させると写す方向や角度にもよりますが最大で5分(300秒)まで追尾できるようですねー
三脚などに固定したカメラで天体を長い秒数で撮影すると地球の自転から星が動いて写り点ではなく線になってしまうのですがこの機能を使えば高価な赤道儀を購入しなくても手軽に星空を撮影できるのは魅力的ですね!
ただ価格は2万以上ですので発売されて市販価格がどれぐらいになるかが気になるところ、あと赤道儀北極星など星を見つけて設定をしなければいけないのですがGPSと各種センサーで位置や方向・角度を割り出してくれるので設定も楽かもしれません
あとは実際に発売されて機能がどれぐらい使えるものなのかが問題、ペンタックスのK−5やK−rは手ブレ補正にカメラのボディ内にその機能が内蔵されているのでそのセンサーをGPSと連携させて動かすことにより動いてしまう星の像を捉え続けてしまう発想は凄いですね!
他社のレンズ内に手ブレ補正が付いているタイプではこれは出来ないのかな?、これが主流になればこの機能が内蔵されたGPS付きデジカメも出てきたり面白そうですねー
デジイチ購入は今のSP−600UZでは難しい月以外の天体撮影にも挑戦したいからなのでこのGPSユニットの発表は魅力的な情報ですね!

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-5 18-55レンズキット K-5LK18-55WR

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-5 18-55レンズキット K-5LK18-55WR